ギャラリー日独物語 電子メールのトラブル解決

ギャラリー日独物語 Gallery Japan Deutschland Story


HOME >> Q&A >> 電子メールのトラブル解決

電子メールのトラブル解決

1 電子メールが、こちらへ届いていないようなのですが?

メールフォームで送った後で、待っても返信が来ない理由は、ふたつあります。

ひとつは、来ているのに気付かない場合です。返信はすでに届いており、迷惑メール扱いなどで隔離されています。迷惑メールの判定結果はアバウトで、詐欺メールを通しビジネスメールを迷惑扱いする誤認が多く発生します。対策は、迷惑メールも毎日チェックします。いずれは相手をセーフリストに入れて、見逃す可能性をなくす方法も考えます。

自分のポスト内をいくら探しても、返信が来た形跡がない場合は、フォームへ自アドレスを誤記していたはずです。

そのアドレスが誤記だとは、返信する側には即座にわかります。メールサーバーソフトは送信者に「そのアドレスは存在しない」とリポートを返すからです。しかし不明のあて先にそれをお伝えするのは不可能なので、正しいアドレスが送り直される日を待つだけになります。

2 WEBメールでは、何に注意すべきですか?

WEB メールはメール専用ソフトなしに、ネットブラウザソフトでアクセスするので、出先の一時借りパソコンでも送受信できて便利です。

しかしネット上にメールをため込む使い方が多いので、早めにいっぱいになって、あふれた新着メールが自動削除されます(各社規約参照)。届いた後の内部的な消滅なので、双方が気付かない紛失事故が定期的に起きます。オファーがあってもついに気付かない可能性も。

WEBメールに届いた全メールを、安全なアドレスへ自動転送する設定は有効です。しかしネット上にためる限り、あふれて消されるトラブルは残ります。

3 メールトラブルが起きているかも知れない時は、何をすべきですか?

来るはずのメールがいつまでも来ない場合、実は相手は何度も送っていることが多いのです。知らないうちに、相手を拒否する設定に自分側がなっています。自動的にガードを堅くする親切設計の副作用を、時々疑う必要があるのです。

そして、そのメールアドレスはもう使えないということです。やっと気付いてあわてて相手にメールを送っても、それへの返信を自分側のソフトが、またしても払いのけるから、永久に対話ができません。

そこで、メールアドレスを2個以上用意しておき、スペアのアドレスで問い直します。

4 フリーメールは大丈夫ですか?

メンテの失敗が多いので、通常のビジネスでは使われない傾向があります。無料なので、サービス側が大きく免責になっているせいです。

悪メールから攻撃を受けたメール業者(プロバイダー)が、次から犯人を自動遮断する仕組みが存在します。その時、犯人を特定できないまま、同じドメイン(アットマーク以降)の何万人を全て遮断するヤケクソ対抗措置が、ブロックリストです。ブラックリストと似たブロックリスト。

採用プロバイダーは、hotmail と live や Infoseek が知られます。会員制クラブなどから、そのユーザーにだけ届かないトラブルがネットで報告されています。現在この措置がゆるくて受け取りやすい無料メールは、Yahoo と Google などです。

フリーメールが攻撃を受けやすいのも、防御がアバウトで粗いのも、ともにフリーであることが原因です。

5 アドレスをいくら変えても、やがてスパムメールが来るのですが?

世界中の市民、国民のメールアドレスを大量に回収して、闇に売るシンジケートが存在します。最近は直接回収せずに犯罪が可能です。

それは、メールアドレスを自動作成する闇プログラムロボットで、架空のあて先をつくっては送り、実在するあて先を割り出す方法です。送り手は相手ポストに届いたかどうかが自動的にわかる、その便利な機能を悪用しています。

数学的には、アットマークの左のスペルが長いアドレスは、闇プログラムが作り出す順番が遅れるかも知れません。右のスペルは既成ですが、そこに枝番がつけば的中率は下がる計算です。

大人気のフリーメールは、アットマークの右側スペルが一律な上に公開されていて、ロボットソフトが狙いやすい相手でしょう。