ギャラリー日独物語 美術を外国で展示発表する方法サポート Q&A

ギャラリー日独物語 Gallery Japan Deutschland Story


HOME >> Q&A

活動に関するQ&A

Q1 何を行う活動ですか?

基本はアート・エージェント、美術の売り込み代理です。日本で作家と作品を募集し、ヨーロッパのドイツなどの美術展で展示し販売します。現地のアート商戦に加わり、文化交流を図ります。プロ志向派だけでなく、日曜画家や学生も海外での美術活動に入門できます。

Q2 活動指針はありますか?

珍しい方針に、アーティストの値打ちを上げる策があります。価値を認めてくれるどこかの誰かをひたすら待つのではなく、こちらで価値をつくり上げて他国へ押し込みます。考案し作る段にも加勢する協業として、作家戦略マネージメントへシフトしています。

その目的は、現地批評を拾って日本美術の性能を上げること。アーティストが思い思いに作るのはよいとして、当てずっぽうや空想の中で孤立しないように図ります。こうやれば売れたかも知れない、こう改善できるかも知れない、こういう手もあり得たと、全体的な結果を使い捨てせずに個別にフィードバックさせます。作品向上作戦です。

Q3 求める作品はどういうものですか?

発言する作品です。欧米の美術は自由な表現が望まれ、わずかでも異質性を歓迎します。技量の高低や今ふうか、売れ線かは大きい問題でなく。ファインアートがあり、イラストやサブカル系もあり、具象と抽象、伝統と創造、美術から非美術までボーダーレスで考えます。ヨーロッパ的な作風とアメリカ的な作風、日本的なものもあります。あらゆるものを等価として市場で試し、前進を図ります。発言の弱い作品は、強める打ち合わせを設けます。

Q4 指名されることもありますか?

ネットなどで見つけた知らないアーティストに参加をお誘いすることはありますが、これまでも数少ないケースです。相手国側で何か新発見をもたらせる作品が、すでにストックされている場合に限られるからです。その時点で、厳選している意味になりますが。

Q5 参加資格はありますか?

制限はなく、これは芸術の性質に準じます。18歳未満には保護者の承諾が必要で、これは日本国の通販規制にすぎません。ただ、少年少女であっても本職作家の仲間入りです。青少年の部は別に用意されません。現地の市場では対等で、ハンデはありません。

Q6 申込み作品が、審査で落ちる率はどの程度ですか?

作品審査は無料で、コンテスト当落と違い会場に置けるかが大事です。移送中に壊れやすい作品、重すぎる作品は無理です。スタッフが取り扱い、会場で再現する現実性もあります。

技能面、時流適合性、普通か奇抜かなどコンペ的な採点は、基本的にないと想像してください。美術の一般的な秩序とは無関係です。ただし国ごとに社会文化的、民族的な禁忌があります。他国の信仰対象のパロディーなどは、難しい場合があります。

Q7 写真作品は売れますか?

写真作品への注目度は、海外に分があるようです。大差といえるでしょう。

日本では、他人が撮った写真を買う消費行動は広まっていません。洋画、日本画、写真と細分化され、評価が専門的になりすぎた写真は、国内マーケットで敬遠される傾向があります。日本にフォトアート嫌いが今も多いことでわかります。

海外では、写真や派生作品への関心が絵画並みにあります。フォトプリントの地位とマーケットが確立された国では、写真作家の数も多くなります。その分、創作表現を見る目もあるから、日本よりはリアクションも期待でき、実際に評価を得ています。

Q8 費用はどの程度ですか?

参加費の総額は、出品料と搬入搬出費の合計です。出品料は会場費と運営費で、搬入搬出費は作品を動かすカテゴリーです。

搬入搬出費は、搬入搬出と作品設置、国際輸送、国内輸送、税関に関するものが主です。国際輸送費が大きいのは、時差8時間の国へ往復させるからと、遅れや紛失を減らす策もあります。参加者持ち込みの場合は、出品料と搬入搬出費を分けて計上します。

先進国の多くは関税の内訳が消費税です。産業保護の意味か、価値ある物品を取得する意味かは各国まちまちです。ドイツの場合は中央税関で輸入売上税と呼ぶ輸入消費税を最初に払います。これは後日の展示会とは関係なく必要です。会場で作品を買ったお客が払う消費税とは、全く別の独立した消費税です。

制度上、日本へ戻した時に消費税がかかる場合もあります。これらを含む搬入搬出費は出品料とは比例しません。

搬入搬出費の一部に、セールス用作品資料作成も含みます。詳細は途中でご説明します。

Q9 絵を額に入れて送るのですか?

額を送るのは例外的で、キャンバスやパネルに会場でも額はつけません。ペーパー作品は、ドイツ側で額装することも増えましたが。

日本では、額は必須のイメージがあります。キャンバス側面の釘や布の端を隠すために、学生絵画展でさえ木板を側面に貼ったりします。

ドイツでは額なしで通用する場合が多いようです。美術が広く一般化し、国民は慣れています。また好みの額を新調する人が多いので、額付き販売では不都合だったりします。

Q10 ジクレー版画展とはどういうものですか?

作品を撮影した画像データから版をつくり、美術用インク式プリンターで刷った作品です。現存作家による指定作品は版画と定義され、真物の美術作品です。

世界の美術は、コンテンツ産業へ発展しています。個人の目を信用する国では、プレミアム性やお墨付きは小さく。ジクレー版画が割安感で買われやすくなっています。

ジクレー版画を外国の美術展企画に組み込んだ理由は、たくさんあります。積極的な面では、過去の傑作や大作も出品でき、ベストを出せること。量と質を確保して売る目的意識を前面に出せること。売買によって文化交流が達成でき、現地の価値意識に合うこと。下限価格の制約が小さくなり売却率が高くなり、作品を現地に残せる確率が上がるなど。作者を広めやすい宣伝効果です。

消極的な面では、電子で国境を超えるから輸出入を省けます。元作品は日本に温存され傷みや紛失の恐れがなく、内外価格差の縮小や参加費低減もあります。

Q11 作品の値付けに見当がつきませんが?

日本の画廊でつけられる価格はやはり高めです。地価もあるし、高い作品ほど良品とみる認識も原因でしょう。また、内容につく実質価値とネームバリューにつく付加価値が、日本ではあまり区別されず、値上がり目当ての投機買いも目立ちます。

それに対してヨーロッパでは、家に飾る鑑賞目的が一般的です。美術が集まった地なので、値踏みに慣れています。純粋なアートコレクターも多く、値上がり投機買いも流行りません。

価格の詳細は途中でご説明します。

Q12 アートフェアとは何ですか?

「アートフェア」は、画廊を一堂に集めた市場(いちば)です。美術品のバザー。もうひとつよく使うメッセの語は見本市で、二つはほぼ同じです。民間の主催団体が存在します。

アートフェアは2〜4日間の開催が多く、入場有料です。新聞雑誌で特集され、画商やコレクターも偵察に来ます。お祭りイベント付きもありますが、欧州では商談中心です。有名アートフェアの期間に、周囲や離れた場所で中堅や新進フェアも開催され、アートの季節ができます。

欧米のアートフェアは日本と違い、全てがコンテンポラリー作品です。作品数を制限する、少数精鋭的な高級フェアも多くあります。

Q13 アートフェア参加料はなぜ高いのですか?

ひとつはアートフェア団体へのエントリー料(上納分)が大きいからで、もうひとつは出品数量に制限があって割り勘に限界があるからです。

アートフェア主催者は、作品の質と量にも条件をつけるのが普通です。ブースの作家数や作品数を制限し、途中の補充も不可な場合が意外にあります。新進フェア団体も、高級路線を早めに打ち出します。

日本からの参加費はかつて、20万円で高級、15万円で普通、10万円なら安いとする相場でした。作品規模が大きいとさらに上がります。書類と通信がデジタル化しても当時の半額に遠いのは、そんな枠組みでしょう。

Q14 ドイツではアートフェアや見本市は、日本より盛んですか?

2012年に、日本の国会でメッセ強化論が出ました。日本の展示場は会場が小さく数も少ない問題です。日本最大を誇る東京ビッグサイトは面積順位が世界68位と、この数字が国会で衝撃となりました。

その時、世界1位はハノーバー、2位はフランクフルトと、ドイツがワンツー。ドイツのみ列挙すると、5位ケルン、6位デュッセルドルフ、20位ミュンヘン、24位ベルリンとニュルンベルグ、40位ライプツィヒ、41位エッセン、50位シュテュットガルト、63位ハンブルグとフリードリッヒスハーフェン。

2012年の時点で、日本最大より大きい展示場がドイツに12施設ありました。ドイツで国際見本市が活発な理由は、先進国の威厳と連邦制による独立州以外に、展示ビジネスが理解されていることもあるでしょう。概して景気がよいわけです。