ギャラリー日独物語募集 絵はがきコレクション@ジャパン・フェスティバル・ベルリン2020

ギャラリー日独物語 Gallery Japan Deutschland Story


HOME >> 現在の募集ページ

絵はがきコレクション@ジャパン・フェスティバル・ベルリン2020

企画の概要

アーティスト作品絵はがきの制作です。ヨーロッパ国では現代美術が日常化し、ポートフォリオよりまず作品を市場に入れるのが有効です。この企画は、アーティストの代表作の図柄で美麗なポストカードをつくり、ドイツのジャパン・フェスティバル・ベルリンに出展します。


(完成品の仕様)
日本の官製はがきより大型の、長辺175ミリのポストカードです。日本の印刷所に規格がないタイプ。表に作品画像、裏に作家名、サイトURL、作品情報と、出版ブランドのロゴが入ります。国内個展のDMあたりと次元が違う、鮮やかな色と細部描写力の入魂作に仕上がります。

版下作成から印刷出版までこちらで行います。各種特殊処理を駆使しての全面画像。輪郭ワクなし。オフセット印刷、光沢コート紙、厚手、耐紫外線処理。裏は手書きしやすい紙質でカラー部分あり。作品選定相談以外に、売れ予測の現地リサーチも適宜行います。


(展示販売場所)
ベルリン市で開催される日本物産展「ジャパン・フェスティバル・ベルリン2020」での展示がメインです。開催前後に、ショップやギャラリーで販売することがあります。また個展や少人数展の会場に、同作者の絵はがきを加えます。


(有用性)
一作品につき多く販売でき、人気が計測できます。マニアックな図柄が一枚売れても、需要確認になります。予想と結果の差も生じる、興味深い企画です。


-----Japan Festival Berlin とは

ジャパン・フェスティバル・ベルリンは、ドイツの日本見本市・物産展です。サブカルチャーやアニメ、コスプレが欧州で人気となり、来場客が急増しました。ドイツでの報道と紹介記事も増え、毎年開催しています。日本特集展なので、レアものに買い手がつきやすく、また会場規模が巨大でないから、個々が目立ちます。

「芸術の階」(Japan Exclusive)が用意されます。主催者はドイツで日本の有形無形文化を紹介し、様々な日本製品も販売しています(Japan Festival Berlin)。

1 期間

2020年01月25日(土) 10:00−20:00

2020年01月26日(日) 10:00−18:00

2 場所

メイン

Japan Fetival Berlin

URANIA Berlin e.V.   http://www.urania.de

An der Urania 17   10787 Berlin, Germany (アン・デア・ウラニア・17)

 

その他

ご本人の個展会場、また提携アートギャラリーなどへのゲスト出品も検討中。

3 募集作品

版下用材料

表面に使う作品画像1点と、裏面に使う活字だけです。

作品画像は電送で済み、実物を配送する必要はありません。

高品位指向なので、撮影し直しが必要な場合があります。

作品の内容

自由。著作権への抵触や、宗教、人種に不適切に関わらないもの。

4 費用

製版+製造 :

16,800円

14,800円 (2作目の割引)

14,800円 (絵はがき以外で参加済み会員の割引)

12,800円 (絵はがき以外で参加済み会員の2作目の割引)

 

版下作成、縦横比調整、歪み補整、四辺塗り足し加工、トーン調整含む。

絵はがき100枚印刷と、セロファンOPP包装含む。

日本への一枚投函コスト含む。

現地セールスコスト含む。

 

元画像のみ参加者が用意します(撮影簡易ガイダンスもあり)。

特別な画像調整加工が生じても、追加料は不要です。

現地見本と一枚投函で減るので、販売用は96枚スタートとなります。

100枚日本へ :

枚数を多く刷り、日本へ100枚を直送するオプションが好評です。

一枚あたりが安くなる計算です。

100枚は印税設定なしで、展示販売やコンテスト出品が自由です。

備考 :

絵はがきの参加費は、全部売れると黒字になる数字優先で低廉です。

絵はがきだけでは、エントリー料づくりが難しくなってきています。

できるだけ他企画にもご参加よろしくお願いします。

5 コミッション

作家=売価の70%  主催側=売価の30%

6 特典

人気の図柄は終了後も長く取り置きます。

7 お申込み方法

◆参加が初めての場合 (作品確認があります-無料)

◆参加が2回目以降の場合 (作品確認はありません)

◆ご注意

8 締め切り予定

最終締め切りの年末以前でも、いつでも作成可能です。

作品選定や画像準備の段で、よいものにするため時間をかけることがあります。

開催日近くは駆け込みとなり、念入りに作れない場合もありますので早い着手を。

9 特記事項

制作作業はセルフでなく、フルオーダーです。

レイアウトや画像調整は細部までこちらで行います。デザイナーへの外注は不要です。

作品と絵はがきはタテヨコ比が異なるので、専門的な画像加工をこちらで行います。

画像のトリミングや塗り足し、モンタージュ加工など、処理法で参加者様と打ち合わせます。

ドイツでの販売権は企画主催者が持ちます。

見本として表に出すことで、一部が傷むことがあります(保管できず廃棄もあります)。

なお、外国でも人気作はたまに盗難があり、防止に限度もあります。

他の特別なフェアに陳列する場合、オプション参加料をご相談することもあります。

相談なしに、突然知らない事後請求が届くことはありません。

情勢変化を含む外因により、当初の予定が変更になることがあります(海外展で多い)。

旧作の絵はがきも最新の募集規約に従います(永続困難なコスト制約)。


◆実物写真と解説

絵はがきスタンドでディスプレイ
(Japan Festival Berlin 2016)

日本アート公募写真

額でディスプレイ
(Japan Festival Berlin 2017)

日本アート公募写真

テーブルでディスプレイ
(Japan Festival Berlin 2018)

日本アート公募写真

絵はがき立てでディスプレイ
(Japan Festival Berlin 2019)

 

絵はがき物語ブログ

画廊店頭販売 2014-15 写真集

Japan Festival Berlin 2016 写真集

Japan Festival Berlin 2017 写真集

Japan Festival Berlin 2018 写真集

Japan Festival Berlin 2019 写真集

日本アート公募写真

通常の絵はがき(上)との比較。

壁に飾って絵になる大きめサイズ。
また単票ポートフォリオや名刺的な役割にもなる情報が裏に入ります。

日本では紙厚は小さく変則サイズで、100枚刷る印刷代だけで7500円程度にもなります。

日本アート公募写真

絵の密度のバリエーション。

オフセット印刷としては中間色がよく出るタイプで、派手めの原色もそれほどくすまずに再現されます。

日本アート公募写真

上写真左、絵はがきの細部の拡大。

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真: (c) ギャラリー日独物語)

日本アート公募写真
主催

ギャラリー日独物語

協力

現地スタッフ

運営

ギャラリー日独物語

内容変更履歴

2019年06月20日

初掲載

   

 

 


一番上へ戻る