ギャラリー日独物語 作家サイト制作ワークショップ

ギャラリー日独物語 Gallery Japan Deutschland Story


HOME >> 現在の募集ページ

作家サイト制作ワークショップ

企画の概要

WEBサイト(ホームページ)を制作します。独自デザインの英語サイトです。

海外展の開催中やアフターに、来場客が作家サイトアドレスを知りたいと、こちらにもたびたび相談があります。欧米では業界人やコレクターも市民も、知らない作家をサイトで調べることが一般的です。日本ではあまりない慣習です。

その際、オフィシャルサイトでないブログやSNSだけでは、本職に見えない難点もあります。その需要で、外国向けにデザインした特別な作家作品紹介サイトを用意しました。

(設計方針)
一般的なWEBサイト受注とは異なります。編集者の目による作品撰集として、いわば雑誌特集号の別冊出版のように構成します。アーティストの自己紹介とは異なる、戦略的な視点になります。

編集の視点を入れる理由は、作者は自分の真価を誤解釈する傾向がみられるからです。当事者ゆえ思いや内省で、自分の美点も欠点も見えにくくなる問題です。秀作を失敗だと感じたり、凡作が思い出深かったりなど、他人とすれ違う傾向を是正します。

住宅にたとえると実家の御殿ではなく、知らない誰かに最高の切り口で見てもらう勝負の場を、スタジオライブふうに演出するものです。


○ アーティストの力を明確に伝えるシンプルデザイン
○ 作品を引き立て、購入動機になるビジュアルな仕掛け
○ 雑誌特集号ふうの、まとまった物語性
○ 作品を厳選し、密度感が高い
○ 構成がわかりやすく、人間工学的なユーザービリティー
○ 閲覧者の手間が少なく、時間を費やさない
○ 欲しい情報が用意され、冗長や無駄がない
○ 手動のアクション部分があり、自動の強制部分がない
○ 類似デザインが世界にない
○ 無料セルフから差異化した性能にのみ課金
○ 本来ハイコストな画像処理は、参加者が行わず制作側が行う
○ CMSブログツールと無関係の、繊細なサイト意匠
○ 静的サイトプログラム構成による高速レスポンス

作業はワークショップふうに進め、講習会式の順次説明とコンセプト策定会議があります。この時に作品の論評も適宜行います。事前の自習は不要で、過去作品の整理術ガイダンスも用意しています。展示企画に一度以上ご参加された方に限定しています。

セキュリティーは、入出力をSSL暗号化する「https」アドレスです。また入力管理アプリごとサーバーへ送り込むCMS方式(Word Pressなど)と無関係なので、ウィルス散布役にされる危険は低減し、メンテナンスフリーに近づけています。

1 期間

なし

2 場所

インターネット上

3 募集作品

作品コンテンツ内容

順次ご説明します。

作品画像の条件

順次ご説明します。

4 費用

制作料 :

ASK

(制作側はサイトデザインと画像処理を受け持ち、活字づくりのアドバイスも行います。アイデアを出し合い、効果的なプレゼンテーションをつくります。細かい仕様条件策定はコスト削減のため省きます。画像処理は一般の外注では高料金ですが、ここでは一括込み込みで最高の仕上げにします。)

運営費 : 年間メンテナンス費別途(制作から1年は、修正と模様替えなどで必須、実際には積み残しの残務処理時間が発生します。よくあるのは英語コンセプトの洗練)。

オプション

作品撮影ガイダンスもあります。編集技術からフィードバックした、資産価値の高い撮影方法を伝授するもの。コストパフォーマンスのよい機材の選び方から、露出決定や収差の問題解決法まで。これはそのまま、ジクレーの原版用の撮影ともなります。

5 コミッション

 

6 特典

 

7 お申込み方法

◆企画参加1回以上の参加者限定

8 締め切り予定

当面なし

9 特記事項

フルオーダー制作ではなく、完成済みフォーマットを使って廉価にしています。費用対効果で有利な形式。セルフで手がかかる無料サイトよりもおまかせにでき、作品が見映えし操作性のよいシンプル設計。

ブログツールのCMS方式でない、手打ちHTML、PHPプログラムで仕上げます。無料っぽく見えないカスタムオーダーの証しと、レスポンスの高速化、ドメイン管理移動の平易さ、繊細なディテール重視(大味なサイトにならない)なども理由です。


◆現地写真と解説

関連ブログ

 
主催

ギャラリー日独物語

協力

ベルリン在住アートマネージャー、エージェント

運営

ギャラリー日独物語

The Super Web C

内容変更履歴

2015年06月01日

指名募集制作開始

2015年07月20日 募集要項作成
2016年04月13日 初掲載
2017年02月22日 一部説明修整

 

 


一番上へ戻る