ギャラリー日独物語 Gallery Japan Deutschland Story の軌跡79

Gallery Japan Deutschland Story


HOME >> 写真集もくじ >> 現在のページ

Micro solo Exhibition at Japan Festival Berlin 2018

会期

2018年1月27日〜28日

場所

ドイツ国ベルリン市 URANIA e. V. / An der Urania 17 10787 Berlin, Germany

資料

Japan Festival Berlin https://www.urania.de

海外美術展示会場写真

展示1

「彫紙」と呼ぶ、新進の伝統工芸。この種は二度目。

海外美術展示会場写真

厚紙を複雑に切るペーパークラフト。構造、デザインともトリッキーで和を感じさせるもの。

海外美術展示会場写真

 

2016年と親しいグループの作で、品ぞろえと値付けを細かく修正した再チャレンジ。

海外美術展示会場写真

作風の分担と個々の絞り込みを行い、和風モチーフ以外も上々のヒット。

海外美術展示会場写真

手広い実験で今後の課題もみえたところ。日本で指揮した代表幹事さんはお疲れ様でした。

海外美術展示会場写真

展示2

海外の目にはおそらく日本のアニメ漫画文化を連想させるであろう、少女シリーズのキャンバス画。

海外美術展示会場写真

アニメ系イラストと実は関係しない、ノンジャンルの新進具象画。

海外美術展示会場写真

植物の立場をテーマとするシリアスなコンセプトで、文脈をたどりにくい文学的に構成されたファンタジー。

海外美術展示会場写真

比較的高額に設定してある営業用フロント機能。

海外美術展示会場写真

類似前例がありそうでない、異形の人物像と非洋画的な新感覚。

海外美術展示会場写真

展示3

毎年おなじみのボードの抽象画。開始後すぐに1点売却済みで、いつもの好調。

海外美術展示会場写真

今回はモノクロ画が主体で、結果はモノクロが好評。

海外美術展示会場写真

こちらの想像と異なる傾向で買い手がついた意外な結果。これまで色々試した中でも、読みにくいドイツの抽象感覚のひとつ。

海外美術展示会場写真

早めに半分が売れた状態。

海外美術展示会場写真

抽象がわからない声や敬遠されやすい傾向が小さい点は、毎度日独の大きい差。

カンディンスキーが権威の国であるのか、抽象への関心は大きく地位も高い。

海外美術展示会場写真

展示4

キラキラ輝く宝石のように美しい工芸品の見本。

海外美術展示会場写真

スポットライトがなくても色が沈む心配はいらず、暗がりでも見映えするとの解説付き。

海外美術展示会場写真

事前の作品選定で絞り込み、より有機性を感じるタイプに集中させたコレクション。

海外美術展示会場写真

今回は幾何学立体中心で、下地の有機的フォルム化も今後の予定。

海外美術展示会場写真

ドイツのアート嗜好がよくみえてくる結果となった会場。

海外美術展示会場写真

 

その他のコーナー

2018年は2017年の混雑がやや薄らいだ印象。

海外美術展示会場写真

日本関連が売れるブームの中、出展者は現地の日本人に限らず。

海外美術展示会場写真

ドイツとアジア国出身の移住者による日本製品の出展が増えている状態。日本からはるばる出向く出展は珍しい。

海外美術展示会場写真

現地からのラブコールに次回もまたこたえる予定です。

海外美術展示会場写真

会場を撮影していただいた方もお疲れ様でした。

Photo (C)2018 The Super Web C Japan, GT, Oeda